名東区の不倫調査

不倫調査は名東区で評判の興信所・探偵無料相談・見積り依頼

「信じられる業者はどこなんだろう・・・。」名東区でパートナーの不倫調査を行う方のために、こちらのページでは興信所や探偵事務所の実績からなる信頼度、調査員の対応や料金体系からなる安心感、利用者の感想や評判などから総合的に評価した優良調査会社ランキング(1-5位)を公表しています。いずれも各リンク先の探偵社公式サイトにて、24時間365日いつでも電話やメールでの無料相談に対応していますので、参考にお役立てください。

原一探偵事務所

不倫 調査 名東区

≪選ばれるポイント≫
○日本最大級の調査員数で全国対応
○県庁に紹介される唯一の探偵事務所
○調査歴40年超で10万件以上の事例あり

○証拠が取れる探偵社と弁護士が推薦
○急を要する場合の当日調査が可能
○テレビ番組への協力実績が豊富
不倫 調査 名東区

 

AMUSE(アムス)

不倫 調査 依頼 名東区

≪選ばれるポイント≫
○証拠が出なければ調査費用全額無料
○調査員1名1時間6,000円〜
○調査員は10年以上のベテラン

○海外(国外)での調査も可能
○24時間受付・全国対応
○信頼の法人経営
不倫 調査 依頼 名東区

 

響エージェント

不倫 調査 見積もり 名東区

≪選ばれるポイント≫
○相談が運営する探偵社(興信所)
○調査成功率95%以上の実績・調査力
○調査費用は業界低水準だから安心

○裁判で有利な相談監修調査報告書
○急な調査依頼・即日対応も可能
○国内に4拠点あり全国の調査に対応
不倫 調査 見積もり 名東区

 

イズム興信所(ISM)

不倫 調査 探偵 名東区

≪選ばれるポイント≫
○関東地域から全国ネットワーク
○裁判用の証拠収集に特化
○分かりやすい料金体系

○相談員は夫婦カウンセラー資格保持者
○顧問相談によるアフターサポートあり
○海外の調査も対応可能
不倫 調査 探偵 名東区

 

総合探偵会社TS

不倫 調査 興信所 名東区

≪選ばれるポイント≫
○関東エリアを中心に全国対応
○調査の成功率が98.4%の実績
○女性対応だからデリケートな問題も安心

○離婚専門の弁護士を無料紹介
○関係修復、復縁希望者へのアドバイス
○資格を有した専門カウンセラーが仲介役に
不倫 調査 興信所 名東区

 

 

▼名古屋市名東区
名東区(めいとうく)は、名古屋市を構成する16区のうちのひとつ。

 

●概要
名古屋市東部丘陵地帯に広がる閑静な新興住宅地。かつては、多くの灌漑用ため池が点在し、畑、稲作の他、養蚕や葉煙草も栽培する田園地帯であったが、昭和30年代後半から急速に宅地造成が進んだ。社宅や質の良いマンション・アパートが多く、比較的地元色が薄い地域であるため地元の東海地方出身者のみならず他地方からの新住民や転勤者家庭、学生なども多く在住している。そのため明るい雰囲気のカフェ・レストランなども多い。

 

名東区はその成り立ちや発展した過程からして、他地方からの移住者に対して比較的開放的で、外に開かれた雰囲気が強いため、名古屋城周辺の戦前より名古屋市であった東区や西区などと比べた際に、その特異性が際立つため、隣接する天白区・守山区と共に「名古屋の出島」と呼ばれる事もある。転入者を中心に住民は増加傾向にあり、活気あふれる街が多いのも特徴である。

 

名古屋中心部から伸びる名古屋市営地下鉄東山線が区の中央を東西に横断し、上社駅、一社駅、本郷駅などの主要な地下鉄駅周辺のインフラ整備が特に整っており、生活環境も快適なため若い子育て世代に根強い人気がある地域である。市営地下鉄東山線終点の藤が丘駅は、2005年3月に開業したリニアモーターカー 愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)の始発駅でもあり、愛知万博会場に直結していた。愛知万博が隣接する長久手市で行われた為、万博による経済的恩恵を最も強く受けた地域である。また、東名高速道路、名古屋第二環状自動車道、名古屋高速のインターチェンジやジャンクションがあり、国道302号(名古屋環状2号線)も緑区までの区間が開通したため、東西南北いずれの方角に移動する際にも便利な位置にある。中村区の名古屋駅が名古屋の西玄関(鉄道の玄関)であるのに対して、名東区は名古屋の東玄関(道路の玄関)として交通の要衝となっている。

 

区内を走る名古屋市営地下鉄東山線は朝夕ラッシュ時には約2分間隔で高頻度運行されており、名古屋市中心部の栄地区まで約20分で到着できる交通至便な土地柄であるが、その一方で大規模な緑地公園なども点在しており、里山の面影を残す豊かな自然も多く残されている。 日常的な生活環境も充実しており、コンビニエンスストアやドラッグストアなどの小売店舗の数も非常に多く、利便性が高い地域である。

 

●地理
名東区は尾張丘陵の南西部に位置する。区の東南部にかけて大規模な里山も残っており、稀にタヌキなどが出没する事もある。尾張丘陵は、濃尾平野の東側、瀬戸市から大府市にかけて広がり、標高は60-120mと起伏の少ない緩やかな丘陵地帯で、湧水湿地が分布している。

 

新生代第三紀新第三紀鮮新世に、濃尾平野域の東縁に当たる猿投山地から知多半島一帯の隆起に伴い形成された。古木曽川が流れ込む東海湖と呼ばれる淡水湖に堆積していた砂層、泥層、砂礫層、亜炭層に覆われている。歴史的に東隣に位置する長久手市や日進市との繋がりが深く、名東区内から東部丘陵地帯への交通の便が整備されている事もあり、日常生活において休日などは長久手や日進まで行楽のために出向く住民も少なくない。

 

名東区内においては、猪高緑地内の長久手市との境界にある根岳(標高108.6m)が最高位となる。区北部には矢田川、香流川が東から西へと流れ、植田川が区東部の猪高緑地を水源として中央部を経て南端へと流れている。そして区内には池が点在していた。

 

▼名東区の調査会社例

 

・GTリサーチ
愛知県名古屋市名東区新宿2丁目56

 

・株式会社中央情報サービス
愛知県名古屋市名東区望が丘261